子どもと楽しむ行事とあそびのえほん

今年の七夕の記事で登場した本です。

 

popocoring.hatenadiary.jp

 

 「こどもと楽しむ行事とあそびのえほん」

子どもと楽しむ行事とあそびのえほん

子どもと楽しむ行事とあそびのえほん

 

 

1月から12月までの行事がイラストと一緒に描かれています。

行事自体は知っていても、由来や詳細は知らないことが多く、大人が読んでも勉強になる豆知識がいっぱいです。

行事だけでなく、「春の野の草、花とあそぼう」「雨の日のさんぽ」「雨の日の室内あそび」「夏といったら水あそび!」「紅葉の秋とあそぼう」など、季節ごとの遊び方も載っています。

読んでいると童心に帰ると言うか、虫や雨は大人になると嫌いになりますが、それが楽しかった子どもの頃を思い出して、娘と一緒に遊びたくなります。

 

2歳の娘もこの本自体はお気に入りで、よく見ています。

前回の記事にも書きましたが、最初のお節料理のページが気に入っていて、何を見せても、最初に戻って「いただきます」とやり、全ページめくって最後の年越し蕎麦のページでもう一度「いただきます」とやっています(^^)

なので、まだ分かってないかもしれないけど、一応その時季になると一緒に読んでいます。

これからも活躍しそうな1冊です。